スポンサーリンク

ポンペイ

火山灰に埋まった古代ローマの町ポンペイ

 古代ローマ時代に、ヴェスーヴィオ火山の噴火で、火山灰によって埋もれてしまった町・ポンペイ。

 あまりにも有名な「ポンペイの悲劇」ですが、この悲惨な自然災害によって、ポンペイは約2000年後の現在まで、当時の町の形をそのまま伝えることとなりました。

 18世紀から、現在に至るまで、発掘作業はまだまだ続いていて、現在、発掘中のため立ち入り禁止の区画もあります。

1362-italy09-021_convert_20131127020917.jpg
(この画像は2000ピクセル以上のフリー写真素材集様からお借りしています。)

ポンペイ遺跡は遺跡と言うより一つの町!

 ポンペイ遺跡は、一つの町がそのままそっくり残っているため、イタリアの他の古代遺跡と比べて、非常に広大です。

 また、町全体としての遺跡であるため、メインストリートにはカウンターのあるお店が並んだり、市民の落書きが残っていたり、公共浴場があったり、闘技場や体育館、劇場などの遺跡もあり、遺跡にあまり詳しくなくても、町歩きのように楽しめます。

 当時の道路もそのまま残されていて、舗装などはされていないので、石に足を取られやすいので、足元にご注意。歩きやすい靴で見学するのがおすすめです。

CIMG4538_convert_20131127021258.jpg
ポンペイ遺跡の公衆浴場跡。

素敵なフレスコ画がたくさん!

 ポンペイ遺跡内には、当時のフレスコ画も多く残されています。

 2000年近くも前に描かれたとは思えない、素晴らしい出来栄えのものも多いです。

 特に、秘儀荘に残るフレスコ画は有名で、「ポンペイの赤」と呼ばれる鮮やかな赤色が背景色に使われ、ミステリアスで美しい女性などが描かれています。

CIMG4560_convert_20131127015630.jpg


家イタリアツアー情報トップページへ

スポンサーリンク
posted by limba at 02:15 | イタリア 各町の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。