スポンサーリンク

シエナ

エレガンスな中世の町シエナ

 シエナはトスカーナ州の丘陵地帯にある、美しい中世のたたずまいを見せる町です。

 日本で、ローマやフィレンツェほど知名度が高いわけではありませんが、イタリア旅行から帰ってきた人から、「シエナは本当によかった!」という感想をよく聞きます。

 実際に足を運んだ人の、満足度が高い町シエナ。その特徴は、美しい中世の街並みにあります。

 中世の街並みを保っているイタリアの町は数多くありますが、その中でシエナは、「シエナ色」と言われる、茶色で街並みが統一されています。このシエナ色が、何ともエレガンスな色で、町全体に、大地のような温かみを与えています。
3052_convert_20120923195808.jpg

扇形のカンポ広場はイタリア随一の美しさ!

 シエナで一番の見どころは、イタリアで最も美しい広場の一つと言われるカンポ広場です。

 扇の形とも貝殻の形とも言われる、独特の形をしていて、扇の中心に向かって広場全体が緩やかな下り坂になっています。

 広場の中心となる市庁舎、マンジャの塔の美しさ、扇形の外周をとりまく建物の曲線の優美さなど、ここシエナでしか見ることのできない、美しい風景です。
3181_convert_20120923191235.jpg

ゴシック式のエレガンスなドゥオーモ

 シエナのもう一つの目玉が、ゴシック式のエレガンスなドゥオーモ

 隣に立つ白と黒のしましまの鐘楼と並んだ姿は、本当に美しいです。

 ドゥオーモ内部も、鐘楼と同じしましまの柱で飾られていて、床のモザイク装飾も素敵です。
3114_convert_20120923191054.jpg

シエナ派絵画を鑑賞しよう!

 もし時間があれば、鑑賞したいのがシエナ派絵画。

 シエナは、お隣のフィレンツェに対抗してきた歴史があり、フィレンツェで花咲いたルネサンス芸術に対抗するかのように、シエナでは中世画の延長のような、古風で優美な画風の「シエナ派」が誕生しました。

 フィレンツェのルネサンス画と比較して鑑賞すると、ずいぶん違う画風に驚かされます。

 シエナ派絵画の名画は、市庁舎(プッブリコ宮)内の市立美術館や、ドゥオーモ付属美術館国立絵画館などで鑑賞することができます。

(このページの画像はイタリア写真壁紙様からお借りしています。)

家イタリアツアー情報トップページへ

スポンサーリンク
posted by limba at 02:27 | イタリア 各町の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。