スポンサーリンク

ローマ

 イタリアの都市の中で、世界的に最も知名度が高いのは、何と言っても首都のローマ。

 壮大なる古代のローマ帝国は、現代のヨーロッパ諸国のルーツでもあり、その遺跡が多く残るローマは、イタリアで一番人気の高い観光地と言えるでしょう。

古代ローマの夢の跡

 ローマには、古代ローマ時代の遺跡が、町の至る所に残っています。

 ほとんどが崩れかけた神殿や柱などですが、ガイドブックに載っていない場所に、何の断りもなくゴロっと遺跡があったりして、その脇を普通に車が走り、古代と現代がまざりあった、何とも不思議な光景が目に焼き付きます。

 古代ローマ遺跡と言えば、まずはコロッセオ。「コロッセオが崩れる時はローマが終わる時」とも言われる、ローマのシンボル的存在です。

 また、古代ローマの中心地の遺跡跡であるフォロ・ロマーノも、ぜひとも足を踏み入れたい場所。崩れかかった神殿や、ボロボロになって転がっている柱を見ながら、遠い時代に思いを馳せて、思う存分ローマを味わいましょう。

futta0202m_convert_20120906020240.jpg
(コロッセオの外観)

 

人類の至宝、システィナ礼拝堂!

 古代遺跡と並んで、ローマ観光で外せないのが、バチカン美術館です。

 人間の長い歴史の中で、絵画が頂点を極めたのはルネサンス期、なんて言われることもありますが、そのルネサンス盛期の、人類の傑作とも言える作品を鑑賞できるのがバチカン美術館。

 ミケランジェロの天井画「天地創造」のあるシスティナ礼拝堂や、ラファエロの壁画「アテナイの学堂」などは、人生でぜひ一度は見ておきたい作品です!

futta0220m_convert_20120906021341.jpg
(システィナ礼拝堂外観)

ローマを彩るバロック美術

 古代ローマ遺跡や、バチカン美術館のインパクトに薄れてしまいがちですが、ローマはバロック期の教会が多く、バロックの町並なみも見どころの一つです。

 バロック美術は、17〜18世紀頃、宗教改革に対抗するために、カトリック教会を装飾した美術様式で、うねるような線と華美な装飾が特徴です。

 有名なトレヴィの泉スペイン広場なども、バロック期に作られたものです。

 ローマで目にする多くの噴水や、教会の外観は、ほとんどこのバロック様式なので、ローマの町で受ける印象は、このバロックの印象が最も強いと思います。バロックに彩られた、劇場のようなちょっと大げさな町並みを、楽しみながら歩いてみて下さい。

futta0226m_convert_20120906020835.jpg
(トレヴィの泉)

観光客が楽しめるスポットがたくさん!

 「嘘つきは手をかまれる」と言われる真実の口や、「後ろ向きにコインを投げたらまたローマに戻ってこられる」というおまじないが有名なトレヴィの泉など、観光客が楽しめるスポットがローマには数多くあり、まさにローマは観光都市と言えます。

 ただ、観光都市にはつきものの、観光客を狙う、悪質な犯罪が、他のイタリアの都市と比べて多いのも事実です。

 しかし、たいていは軽犯罪で、自分が気を付けていれば防げるものばかりですので、自己管理をしっかりして、この世界的な観光都市を楽しんでください!

futta0225m_convert_20120906020736.jpg
(真実の口)


 
家イタリアツアー情報トップページへ

(このページの画像はフリー写真素材 Futta.NET様からお借りしています。)

スポンサーリンク
posted by limba at 02:22 | イタリア 各町の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。