スポンサーリンク

フリータイムのあるツアーを選ぶコツ

 パックツアーのイタリア旅行で、ツアー選びのキーポイントともなるフリータイム。
 
 フリータイムが多いツアーは人気があるのが、最近の傾向です。そんな旅行者のニーズに応えて、フリータイムを旅程に組み込むツアーが多くなってきています。

フリータイムのあるイタリアツアーを選ぼう!

 自由時間がツアーに組み込まれるのは不安…という方もいますが、ずっと添乗員さんやツアー仲間と一緒にいるのもなかなか気疲れするので、気分転換のためにも少々の自由時間はあった方がよいと言われます。

 フリータイムと言っても、何も遠出しなければならないわけではありません。

 イタリアの観光都市は、ミラノやローマなどの大都市をのぞいては、たいてい徒歩で回れる町です。

 見どころが徒歩圏内に集中している、フィレンツェやヴェネツィアくらいの規模の町ならば、フリータイムは過ごしやすいと思います。

 ちょっとした眺めの良いカフェに入って、コーヒー一杯飲むだけでも、フリータイムならではの過ごし方が楽しめると思います。

フリータイムのあるイタリアツアーを選ぶ時の注意点

  ただ、フリータイムの多いツアーを選ぶ際に、チェックしたいのは、各街の、最重要観光地とでも呼べる場所が、ツアーに組み込まれているか、それともフリータイムで訪れなければならないかということです。

 たとえばローマであればシスティナ礼拝堂やコロッセオ、フィレンツェならウッフィツィ美術館といった場所です。

 もし、ツアーに組み込まれていなければ、フリータイムに、オプショナルツアーとして用意されていることがほとんどですが、利用するならオプショナルツアー代がかかり、せっかく格安ツアーを申し込んでも、オプショナルツアーの値段を合わせると、それほどお得な値段にならない、なんてことにもなりかねません。

 ローマに行ってシスティナ礼拝堂に行かないとか、フィレンツェに行ってウッフィツィ美術館に行かないなんて、よっぽと興味が無い人でない限り、イタリア旅行としてはちょっと考えられないので、オプショナルツアーで申し込んでさらにお金がかかるよりは、ツアー日程に組み込まれている方が経済的です。

 もちろん、ツアーを作る旅行会社も商売ですから、そのへんのことを考えて、超目玉観光地をツアー日程から外してある場合もありますので、しっかり考慮しましょう。

 ただし、これらの超目玉観光地をフリータイムに訪れるメリットもあります。

 特に美術館系は、ツアー日程で訪れると、団体行動になるため、気に入った作品を、自分のペースでじっくり鑑賞することができません。

 私は自由旅行でバチカン美術館、ウッフィツィ美術館に行きましたが、システィナ礼拝堂や、ボッティチェリの「春」は一度見たあと、名残惜しくてもう一度戻りました。団体行動ではこういうマイペースな鑑賞はできません。

 というわけで、フリータイムの多いツアーを選ぶ場合は、自分が絶対行きたい場所はツアー日程に組み込まれているのか、それともフリータイムに訪問することになるのか、自分にとってお得になる形で訪問できるように、考えて選びましょう。

家イタリアツアー情報トップページへ

スポンサーリンク
posted by limba at 01:51 | ツアーの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。