スポンサーリンク

飛行機の発着時間に注意しよう!

 イタリアでツアーを選ぶ際に、ツアー選びで迷ったら、飛行機の発着時間の条件を、比べてみましょう。

地方からのツアー参加者は、日本発の時刻に注意!

 日本発の時刻は、東京や大阪など、国際空港に近い都市にお住まいの方はそれほど気にしなくても大丈夫ですが、地方から、成田空港や関西国際空港まで行かなければならない方は注意が必要です。

 日本発が午前中だと、前日に空港近くまで行き、宿泊しなければならない場合があります。

イタリア着は何時頃がベスト?

 イタリア旅行で利用するフライトは、直行便でも経由便でも、夕方〜夜の到着になるものが多いです。

 イタリアに午前中に着くフライトの方が、その日も観光ができるので、日程的にはお得ですが、そのようなフライトスケジュールは結構少ないです(羽田発のエールフランス便など)。

 日程的にはお得な午前着ですが、個人的には、イタリアに午前中に着くフライトはおすすめしません。イタリアまでのフライトは直行便でも12時間前後かかるため、現地に着いた日にそのまま観光するのは、疲労があって大変です。

 それに対し、夕方に現地に着くフライトは、到着日は夕食を食べて眠るだけであれば、長時間のフライトで疲れているため、結構ぐっすり眠れます。そのまま翌日の朝に起きてしまえば時差ボケ防止にもなります。

 ただ、夜の10時や11時など、かなり遅い時間にホテル着になるフライトだと、翌日の観光に疲れが出てしまうので、できれば避けたいところです。

 そう考えると、イタリアに夕方5〜7時くらいに到着するフライトが、ベストかな、と思います。

現地出発は遅い時間がおすすめ!

 復路の現地発は、日本着の時間に制限がなければ、なるべく遅い時刻に出発するフライトがよいです。

 午後の便での帰国であれば、出発日にも午前中に観光できる場合があるので、日程的には嬉しいです。

 観光してちょっと疲れた後、飛行機に搭乗すればそのまま眠れそうですしね。長時間のフライトは、眠れた方が、断然楽ですよ!


>>直行便・経由便・航空会社未定の違いへ続く


家イタリアツアー情報トップページへ

スポンサーリンク
posted by limba at 00:20 | ツアーの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。